頭皮の状態がどれくらい悪いのかを診断してみましょう

頭皮がどれくらい悪化しているのかを知ることは大切です

 

現在抜け毛が多く薄毛が進行してしまっている人は頭皮の状態を確認する必要があります。

 

なぜ髪の毛が多く抜けてしまうのでしょうか?

 

 

それは様々な要因が複合的に重なり合い頭皮が弱ってしまって髪の毛を維持する力が無くなってしまっているからです。

 

 

頭皮は髪の毛に栄養を運んだり肌を守ったりする役割を果たしているのですが、血行不良や炎症などが起こるとその役割が狂ってきてしまいます。

 

そして一番困るのが毛髪サイクルが乱れてしまうこと。

 

この毛髪サイクルが乱れてしまうと、本来抜けるはずの無い時期に髪の毛が抜けてしまったり、髪の毛が生えても細い毛しか生やせなくなってしまいます。

 

つまり、髪の毛を大切にしたいのであれば、まず頭皮を大切にしなければなりません。

 

頭皮の状態が悪化することで抜け毛が増えるのですから。

 

 

現状を確認して現在の頭皮の状態を把握することは薄毛ケアではとても大切なことです。

 

それでは頭皮がどのような状態だと良くてどのような状態だと悪いのかを次で見ていきましょう。


 

頭皮の状態を確認してみよう

 

頭皮の状態は大きく分けて4つの項目を確認することでそのレベルを診断することができます。

 

○ 頭皮の硬さ
○ 頭皮の脂の量
○ 頭皮の色
○ 髪の毛の太さと長さ

 

これら4つの項目をチェックして現在のあなたの頭皮状態を確認してみましょう。

 

 

 頭皮の硬さをチェック

 

頭皮を指の腹で動かしてみましょう、両手で頭皮を掴むようにして動かしてみてください。

 

良好・・・頭皮が柔らかく5mmほど動かしても特に違和感を覚えない。

 

悪い・・・頭皮を動かすことはできるがほとんど動かない、動かすと違和感がある。

 

危険・・・頭皮がほとんど動かない、動かすと若干痛みを感じる。

 

頭皮は柔らかいほど血行が良く状態が良いと判断でき、頭皮が硬いと血行が悪く毛根への栄養供給が足りていない可能性があります。

 

 頭皮の脂の量をチェック

 

頭皮を指の腹で軽く押してみましょう、両指で頭皮全体を1度だけ軽く押し付けてみてください。

 

良好・・・目に見える脂が指の腹には見当たらない。臭いもない。

 

悪い・・・指の腹に無数の脂が確認できる。

 

危険・・・指の腹にべったりと脂がつく。臭いも気になる。

 

頭皮の状態が悪いと脂の分泌調節が狂ってしまうので、頭皮が脂でベタベタになります。脂が多いと抜け毛も増えます。

 

逆に脂が少なすぎて頭皮が乾燥してカサカサしていても状態は悪いと言えます。

 

 頭皮の色をチェック

 

良好・・・健康な頭皮は青白い色をしています。

 

悪い・・・頭皮が黄色く皮脂が詰まっている。

 

危険・・・頭皮が赤く炎症を起こしている。

 

健康な頭皮の色は青白いです。しかし乾燥や皮脂の詰まりなど、頭皮が痛んでいる状態では頭皮が赤や黄色っぽくなります。

 

頭皮全体の色をこまめにチェックしましょう。

 

 髪の毛の細さ長さをチェック

 

抜けた髪の毛を何本か拾ってその太さを確認してみましょう、できれば抜けて時間が経ってないほうが良いです。

 

良好・・・昔からの長さと太さで変化が見られない。いつも通り

 

悪い・・・長さはあるけど太さがなくなってきている。

 

危険・・・短くて細い、毛先が尖がっている。

 

薄毛が進行してくると髪の毛は細く短いものになってきます。定期的にチェックしてそのようなものがないか確認しましょう。

 

これら4つのチェックをしてみて現在のあなたの頭皮の状態を確認してみましょう。

 

もし「悪い」や「危険」の項目があった場合は頭皮の状態が悪化している可能性が非常に高いです。

 

薄毛が進行している状態なのですぐにでも薄毛ケアをしないといけない状態であると理解しましょう。

 

薄毛を治すための頭皮ケア必須用品 〜これで薄毛は必ず改善できます〜

厚生労働省から認可を受けている育毛効果が絶大のNo1 女性専用育毛剤
↓↓

頭皮や美肌環境を整えるために必要な栄養がたっぷりとつまった 育毛サプリメント
↓↓
無添加オールインワンサプリ[マイナチュレ]
びまん性脱毛症を改善すために必要な女性用薄毛治療薬 パントガール
↓↓


薄毛を治す方法 効果の高い女性用育毛剤 抜け毛が減少!育毛サプリ 頭皮改善!育毛シャンプー 女性の薄毛を治す薬