科学的に実証されている薄毛を招く生活習慣

薄毛を招く原因を科学的に分析して証明されている原因がある

 

普段からいつも通りに生活をしているはずなのに、いつの間にか抜け毛が増えてしまい髪の毛が薄くなっている人は意外に多いんです。

 

一体何が原因で抜け毛が増えてしまっているのか…。

 

そんな悩みを抱えている人は注意が必要!

 

 

あなたが普段やっていることが薄毛になる原因を作っているかもしれないんですよ。

 

 

基本的に若い時は頭皮が受けているダメージを回復する力は強いですが、歳をとるにつれてその力はだんだん弱くなってきます。

 

昔から当たり前にやってきた習慣も実は頭皮にかなりのダメージを与えている可能性が高いこともよくある話。

 

私もそのうちの1人で薄毛になってから色々調べて、してはいけない習慣がいくつかありました。

 

今回はそんなしてはいけない間違った習慣を載せていこうと思います。

 

でもなぜダメなのかが理解できない原因もあると思いますので、今回は科学的に立証されているものを載せていきますね。


 

科学的に立証されている抜け毛を招く悪習慣

 

 紫外線対策をしていない

 

日差しが強い日は紫外線をたくさん浴びますよね、肌が黒くなりシミなどが気になると思いますが頭皮だって影響があります。

 

しかも体の中で一番高いところにある頭皮はもちろん一番ダメージを負っているんですよ。

 

髪の毛が生えてくる細胞組織(毛母細胞)に紫外線が当たり傷ついてしまうために抜け毛が増えてしまうのです。

 

夏場は特に強烈で炎天下には注意が必要ですね、帽子をかぶるとかなるべく日陰にいるなどして対策をしておきましょう。

 

 シャンプーは温度を38度以下に

 

お風呂やシャワーを浴びる時はやっぱり熱いお湯の方が気持ち良いですよね。

 

でもシャンプーするときはその温度のお湯を使うと頭皮を傷める結果になってしまいますよ。

 

お湯の温度が38℃を超えると、頭皮を保護している脂分まで洗い流してしまい頭皮を乾燥させてしまう原因になるんです。

 

頭皮の脂は頭皮を守るためのバリアの役目を果たしますので、シャンプーをするときはぬるま湯を使用するべきですね。

 

 睡眠不足は薄毛の元

 

仕事の都合上どうしても睡眠が少なくなったり、交友関係の都合上睡眠が不規則になることがあると思います。

 

若い方ならある程度は無理がききますが、歳を重ねていくと睡眠不足はかなりの負担を負うようになってきます。

 

睡眠不足が続くと身体のエネルギー代謝が悪くなってしまい、疲労が蓄積して生命の大切な器官ではない頭皮や髪の毛への栄養供給がストップしてしまうんです。

 

ですから睡眠は必ずとるようにしないといけません、特に22時〜2時の時間は頭皮の回復に必要なホルモンが活発に分泌される時間なのでこの時間は睡眠にあてましょう。

 

 ブラッシングは適切におこないましょう

 

ブラッシングは基本的に頭皮にとって良い効果を与えます。

 

髪の毛の汚れを落としたり頭皮の血行を改善したりと薄毛を予防してくれますね。

 

しかしブラッシングの仕方によっては薄毛を招く結果となりますので注意が必要なんです。

 

ダメなブラッシングは髪の毛が引っかかるようなやり方、これでは髪の毛(毛根)に負担がかかり抜け毛が増える結果になります。

 

正しいブラッシングは毛先の方から優しく髪の毛をといていくのが良いですね。

 

 ドライヤーはあまり髪の毛に近づけない

 

髪の毛を乾かすときは、早く乾かしたいからと髪の毛に近づけていませんか?

 

髪の毛というのはかなり熱に弱いんです、ですからドライヤーをあてるときは大体15cmは離しておくと良いです。

 

ドライヤーを近づけすぎると髪の毛のタンパク質を破壊し髪の毛を痛める原因となります、さらには髪の毛の水分量が減少して抜け毛の原因になりますので注意しましょう。

 

ヘアアイロンも同じく髪の毛に熱を与えるので十分に気をつけて使用することにしてください。

 

 高脂肪・高カロリーな食べ物

 

毎日の食事に気をつけている人はあまりいないと思います、私も食事にはそんなに気をつけている人間ではないので。

 

カロリーや脂肪分の高い食生活を続けていると、中性脂肪が増えてしまい血管が硬くなったり内腔が細くなってしまいます。

 

すると頭皮への血流が少なくなり毛根が必要な栄養も少なくなるために髪の毛を維持する力が無くなってしまいます。

 

できれば毎日の栄養バランスを考えて食事をしましょう。

 

 喫煙と飲酒

 

お酒を呑んだりタバコを吸うと代謝するために体内でかなりのビタミンなどの栄養素を消費します。

 

髪の毛を生成するための栄養素も足りなくなってくるので、過度の飲酒や喫煙は控えた方が良いですね。

 

喫煙するとニコチンの作用で血管も収縮するので頭皮への血流が悪くなります、禁煙禁酒をするまではしなくても少し量を控える程度にはしたいですね。

 

 経口避妊薬(ピル)の使用

 

経口避妊薬(ピル)は生理痛が酷い人などは重宝するお薬ですよね。

 

まずは女性の薄毛や抜け毛には女性ホルモンのバランスが大きく関与していることを理解しましょう。

 

この女性ホルモンのバランスが崩れるときに抜け毛が多くなるのですが、経口避妊薬(ピル)が原因であるときがあります。

 

ピルに含まれるアンドロゲンに対して過敏に反応する女性は、髪の毛のトラブルを引き起こす原因になりますので注意が必要です。

 

薄毛を治すための頭皮ケア必須用品 〜これで薄毛は必ず改善できます〜

厚生労働省から認可を受けている育毛効果が絶大のNo1 女性専用育毛剤
↓↓

頭皮や美肌環境を整えるために必要な栄養がたっぷりとつまった 育毛サプリメント
↓↓
無添加オールインワンサプリ[マイナチュレ]
びまん性脱毛症を改善すために必要な女性用薄毛治療薬 パントガール
↓↓


薄毛を治す方法 効果の高い女性用育毛剤 抜け毛が減少!育毛サプリ 頭皮改善!育毛シャンプー 女性の薄毛を治す薬