ヘアスプレーは薄毛に影響するのか

ヘアスプレーの種類を確認しよう

 

みなさんは髪の毛をセットするのにヘアスプレーを使用することはありますよね。

 

今回はその普段使用しているヘアスプレーが髪の毛や頭皮にどれくらい影響を与えているのかを考えていきます。

 

一体どのような種類がありどのような成分で構成されているのかを確認することは大切なことだと思います。

 

普段使用しているヘアスプレーを持ってきて成分表を見てみましょう。

 

 

それではまずヘアスプレーとはおのようなものか、どのような種類があるのかを確認してみます。

 


 

ヘアスプレーにはどのような種類があるか

 

ヘアスプレーとは液状樹脂をガスの力で髪に噴射し、髪の乱れを防ぐ。主に仕上げ用として使われる。

 

ヘアスプレーは、整髪成分やオイル成分をアルコールに溶解した原液を噴射剤と一緒にエアゾール容器に充填したエアゾール製品であり、細かい霧状に噴射させる機構をもつ整髪剤である。

 

髪の表面に噴霧して髪型をしっかりと保持する機能だけでなく、手ぐしでヘアスタイルを形成する目的や光沢や手触りを改善する目的で使用されるものも開発され、「ハードタイプ」、「アレンジタイプ」、「グロスタイプ」の3種類に分類される。

 

ハードタイプ
ヘアスタイルを固定する高いセット力と耐湿性が強く求められ、皮膜形成能の高いセット樹脂(アクリル樹脂アルカノールアミン液など)を整髪成分として配合している。
また、少量の油分や湿潤剤を可塑剤として添加することにより、皮膜の硬さを調整している。
噴射剤は液化石油ガスが使用され、セット樹脂の溶解性、噴射状態、缶の腐食などを考慮して配合されている。

 

アレンジタイプ
ハードタイプと異なり、再整髪が可能な特性を有している。
髪の毛同士の適度な粘着性と手触りの柔らかさに特徴があり、セット樹脂の選択、可塑剤(シリコーンや多価アルコール)、水を適量配合して調整している。
また噴射剤は液化石油ガス、ジメチルエーテル、窒素など様々なタイプが用いられている。

 

グロスタイプ
髪の毛に光沢を付与するほか、手触りを改善する目的で使用される。主な成分としてシリコーンやエステル油が配合され、セット樹脂は配合しない場合が多く、ヘアオイルのエアゾール状タイプとなっている。

 

 

(wikipediaより抜粋   https://ja.wikipedia.org/wiki/整髪料/)

 

ヘアスプレーの成分を確認してみよう

 

ヘアスプレーの種類がわかったところで次にその成分を調べていきます。

 

エタノール
セット樹脂などの溶解に用いられています。揮発性が高く使用後すぐに乾くので多くのヘアスプレーに用いられているものです。

 

LPG
いわゆるガスのことです。噴射剤として用いられています。

 

ジメチルエーテル
こちらもガスのことです。噴射剤として用いられています。

 

コポリマー
髪の毛の表面に被膜を形成したり、粘度調整に用いられます。

 

エチルヘキサン酸アルキル
髪の毛に艶を出すために用いられています。

 

ジメチコン
髪の毛をコーティングし指通りが良くなるためサラサラになります。

 

ヒドロキシプロピルキトサン
髪の毛を保護するために用いられています。

 

パンテノール
乳化剤として用いられています。

 

グリセリン
主に保湿剤として用いられています。

 

 

基本的にはこのような成分が多く用いられているようですが、最近は多種多様なヘアスプレーがたくさん出てきましたので全ての成分を載せることは難しいですね。

 

調べていくと人体にとって有害なものは使用していないということですが、それは国が規定している水準以上の有害物質が含まれていないということ。

 

つまりはある程度は頭皮などに影響はあると考えたほうが良いです。

 

当たり前のことですが、飲んではいけませんと書かれているものというのは人体に影響があることを意味しますものね。

 

ヘアスプレーを使用するにあたって気をつけておきたいこと

 

ここでは薄毛の人がヘアスプレーを使用するにあたって気をつけておきたいことを載せていきます。

 

ヘアスプレーを使用することは良いか悪いかについては先ほども説明してきました。

 

髪の毛にボリュームを出したり毎日の髪型を作り上げる上ではやはりヘアスプレーは必要という方も多いことでしょう。

 

決して悪いことではないのですが、頭皮に良いかどうかというと悪いのが実情ですね。

 

ヘアスプレーの成分で気になるのがエタノールなどのアルコール成分です、これはどのヘアスプレーにも含まれているものと思っても良いでしょう。

 

エタノールは頭皮につくと揮発するときに頭皮の水分を奪うため頭皮は乾燥してしまいます、またエタノールによって頭皮が炎症を起こしてしまう場合があるのです。

 

薄毛の人はただでさえ頭皮が弱り敏感になってしまっているので、できればあまり使わないほうが良いというのがその理由。

 

そしてヘアスプレーの成分が頭皮に残留してしまうと頭皮がダメージを負うことになり状態が悪化してしまいます。

 

できればあまり使用せず当日中にきれいに洗い流すように気をつけることをオススメします。

 

薄毛を治すための頭皮ケア必須用品 〜これで薄毛は必ず改善できます〜

厚生労働省から認可を受けている育毛効果が絶大のNo1 女性専用育毛剤
↓↓

頭皮や美肌環境を整えるために必要な栄養がたっぷりとつまった 育毛サプリメント
↓↓
無添加オールインワンサプリ[マイナチュレ]
びまん性脱毛症を改善すために必要な女性用薄毛治療薬 パントガール
↓↓


薄毛を治す方法 効果の高い女性用育毛剤 抜け毛が減少!育毛サプリ 頭皮改善!育毛シャンプー 女性の薄毛を治す薬