パーマが髪の毛に与える影響を掘り下げる

パーマは抜け毛・薄毛に影響を及ぼさない?!

前項目ではパーマが髪の毛に与える影響があまりないと書きましたが、ココではさらに掘り下げて調べていこうと思います。

 

 

昔からパーマは頭皮や髪の毛にダメージを与えるため将来は抜け毛や薄毛に悩むとされていました。

 

確かに髪の毛を無理やり形作らせますし、パーマ液自体も頭皮や髪の毛に良い影響を与えているとは言えません。

 

ですが30〜40年前のように、パーマをかけることが薄毛に直結するほどの悪影響は無くなっているのです。

 

パーマ液に関してもパーマ技術にしても昔とは違い進化しているため、より髪の毛や頭皮にやさしいものになっていきました。

 

現在では自宅でもパーマができる時代になってきましたよね。

 

それって素人がパーマをかけても大丈夫なくらい安全になったということが証明できるんです。

 

もちろん製品は「日本製」が前提です。

 

 

自宅にて自分でパーマをかける時はやはり薬液が頭皮についてしまいます。

 

そうすると当たり前ですが頭皮に影響を及ぼし、少量の抜け毛を引き起こしてしまうこともあります。

 

ですが、薬液が毛根部分へ深く浸透することはないから頭皮がダメージを負って、薄毛を誘発するようなことはありませんので安心して良いと思います。

 

自分で薬液を塗るときにどうしても頭皮に付くときは、できれば誰かに塗ってもらうとよいでしょう。

 

 

ちなみに薄毛が進行している、つまりは頭皮の状態が悪化しているときはパーマはかけないほうが良いです。

 

頭皮が敏感になっているため少量の薬液でも頭皮が弱ってしまうこともあるためです。

 

特に年齢がある程度進んでいる方は頭皮の元気も比例してか細い方も多いので注意が必要ですよ。

 

元気な頭皮にはパーマをかけても薄毛になる心配は必要はあまりありません。

 

パーマをかけたいのならまずは頭皮の状態を回復させてからするのが安心であり安全なのです。

 

 

さらに気をつけておきたいのがパーマをかける頻度ですね。

 

ずっとパーマを頻繁にかけていれば髪の毛へのダメージは蓄積していくものです。

 

髪の毛がバサバサになってしまうこともありますし、ストレスや生活習慣が悪化して頭皮が弱ってしまうと抜け毛の原因にもなります。

 

頭皮の状態を良好に保ちつつ、適度な間隔で安全にパーマをかけることが大切ですね。

 

 

まとめ

 

・ パーマは直接薄毛の原因にはならない。
・ 自分でするよりも美容院などで専門家にしてもらう。
・ 頭皮の状態でパーマをするかどうか判断する。

 

以上のことを守れば薄毛のことを心配せずにパーマを安全にかけることができると考えましょう。


薄毛を治すための頭皮ケア必須用品 〜これで薄毛は必ず改善できます〜

厚生労働省から認可を受けている育毛効果が絶大のNo1 女性専用育毛剤
↓↓

頭皮や美肌環境を整えるために必要な栄養がたっぷりとつまった 育毛サプリメント
↓↓
無添加オールインワンサプリ[マイナチュレ]
びまん性脱毛症を改善すために必要な女性用薄毛治療薬 パントガール
↓↓


薄毛を治す方法 効果の高い女性用育毛剤 抜け毛が減少!育毛サプリ 頭皮改善!育毛シャンプー 女性の薄毛を治す薬